• 教育エジソン

深い瞑想習慣を取り戻す① 瞑想を第一目標に朝を過ごす

 私はかつて毎朝30分の深い瞑想を9年ほど続けていた(瞑想・自己啓発)。

 しかし、子どもが生まれたことなど生活の変化でその習慣は失われた。

 その後もさまざまな形で瞑想する努力は続けてきたが、かつての毎朝の習慣と深い瞑想体験は、二度と戻ってこなかった。


 それが、この1月末から毎朝30分の瞑想習慣を取り戻し、今も継続している。

 写真は、私が20年以上、起床就寝時刻などを毎日記録している表だが、2月は瞑想記録の欄がぎっしり埋まっている。前月まではこの欄がガラガラだったのに。

 しかもその体験内容は深く、日々発見があり、豊かになっていく。


 なぜそうできたのか。  


 理由はいくつかある。

 ①毎月、電話コーチングを受けているコーチと、瞑想習慣を取り戻すための実行プランを相談し、毎朝報告すると約束したこと。


 ②座る時刻を一定に決めて、それを目標に早く起床し、朝の洗面、家事分担をサクサク片づけるようにしたこと。


 今までは家事分担をダラダラとやり、机に向かってやりたいことをダラダラやり、そのあとで瞑想をしようと思っても時間が無くなっていたのだ。

 瞑想することを第一目標に据えれば、実行できるとわかった。


 しかし、かつては瞑想の形はとってもなかなか深く入れない、ということも多かった。

 いつの間にか、雑念を追って、時間が過ぎている。

 今回は、雑念を離れるため試しにやってみた「セドナメソッド」が、ひじょうに有効だった。

「セドナメソッド」とは何か。それは、次のブログで紹介しよう。



 

最新記事

すべて表示

三人寄れば文殊の知恵(教員チームの力)

ピア・サポート講座を立ち上げてまもなく、臨床心理士を目指すS先生に、臨床心理の話をしてほしいとPTA講演会の依頼があった。しかし、1人で話すよりも……と、S先生が取り計らってくださり、3人で協力して行なうことになった。 当日は、PTA役員のお母さん方を中心に、校長・副校長も含めて20人余りが会議室に集まった。 テーマは、「高校生を理解するということ」。3部構成で、養護教諭のT先生がピア・サポートの