top of page
  • 執筆者の写真教育エジソン

カットイメージ読書会『羅生門』

更新日:2020年11月3日

 カットイメージの教員研修会に何度も参加してくださっている、都立高校教諭の瀧上智子さんが、オンラインでカットイメージの読書会を開催し、報告してくれました。

 私は参加しませんでしたが、楽しく盛り上がったようです。以下、ご報告の一部を紹介ます。

 

 国語の教員2名、絵本作家、詩人、パステル曼荼羅アーティスト、視力回復士というメンバーでした。特に絵本作家とパステル曼荼羅アーティストのおふたりは、全体の印象を捉えて絵として読んでいかれるので、とても興味深い読み方をなさっていました。

 今回の読書会で良かったのは、国語の教員と一般の方との交流の場になったことでした。一般の方からは「国語の先生と一緒に読むのは新鮮で楽しかった」というご感想をいただき、国語の教員からは「一般の方の読み方は、指導書や生徒の意見と違った。一般の方の意見が聞けて良かった」という感想をいただきました。

 

 カットイメージでこうした輪が広がることが何よりうれしいです。

 瀧上さん、ご参加の皆様、お疲れ様でした。


 

 ※カットイメージで『羅生門』を読む授業の詳細レポートは、『映画を観ているみたいに小説が読める 超簡単!イメージ読書術』の巻末読者プレゼントで差し上げています。

閲覧数:55回0件のコメント

Comments


bottom of page