• 教育エジソン

温厚な指導教授がただ一度見せた厳しさとは?

最終更新: 9月26日

 以前ご紹介したエッセイ『教師40にして大学院に学ぶ』。掲載誌の購読時期が過ぎたので、公開します。

「瞑想・イメージ、自己啓発」のページをご覧ください。

 下記の画像をクリックしても開きます。

 私の人生のターニングポイントとなった大学院研修時代の思い出。とりわけ、恩師河野義章先生(東京学芸大学名誉教授)にいただいたご恩を書き残したいと思い、字数を割きました。


最新記事

すべて表示

三人寄れば文殊の知恵(教員チームの力)

ピア・サポート講座を立ち上げてまもなく、臨床心理士を目指すS先生に、臨床心理の話をしてほしいとPTA講演会の依頼があった。しかし、1人で話すよりも……と、S先生が取り計らってくださり、3人で協力して行なうことになった。 当日は、PTA役員のお母さん方を中心に、校長・副校長も含めて20人余りが会議室に集まった。 テーマは、「高校生を理解するということ」。3部構成で、養護教諭のT先生がピア・サポートの

ピア・サポート講座

本校の「総合的な学習の時間」は、各学年の前半で、自己の進路について理解を深め、後半は、各自の興味関心に合わせた自由選択講座で学ぶ。その講座のひとつとして昨年、初めて「ピア・サポート講座」を2年生向けに開いた。臨床心理学に関心と素養の深い2人の同僚とチームで発案し、企画から実施まで分担・協力して進めた。 メンバーの1人は、社会科嘱託のS先生。白髪交じりの長髪を後ろで束ねて、穏やかな笑みを浮かべ、超俗

瞑想とフォーカシング

「相談心理学演習」という科目で、自主レポート課題の文献リストの中に、『フォーカシング』(E.T.ジェンドリン)があった。以前からフォーカシングには興味があり、この本は読んでいたので、私は最初のレポート文献としてこれを選んだ。ざっと読み返してまとめようと思ったら、引き込まれて、またじっくりと読むことになってしまった。 しかし、以前読んだときから、フォーカシングの論理はよくわかり、その原理に深い共感さ

© 2023 by HEAD OF THE CLASS. Proudly created with Wix.com

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • White Google+ Icon